手のシミに効くクリーム【浸透力で選ぶ40代からのシミ対策】

手の甲のシミに効くクリーム【40代からは浸透力のあるクリームが決め手!】

手のシミに効くクリーム

手のシミに効くクリーム

 

手のシミって、浸透力のあるしっかり届くクリームを使うと、若返ったみたいにキレイになれるんですね。

 

友人からも、手がキレイって褒められると嬉しいです。
そのためには、しっかりした対策が必要です。

 

40代を過ぎると、
手の甲のシミが目立つようになってくるんです。
薄茶色で輪郭がはっきりとした円形に近いシミが・・・。

 

特に、手の甲や、腕、顔の頬やデコルテなんかに、シミが出来きたりします。
このシミは老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と呼ばれるものです。

 

特に、手の甲のシミって、年齢を感じさせてしまうというか、「老人性」という名前の通り、すごく人を老けさせて見せるので、困ったものですよね。

 

手を見られた瞬間に、年齢がバレてしまう。
というか、シミがあると、年齢以上に老けて見えてしまうんですよね。

 

幾ら、高級な美白化粧品をつかって隠そうとしても、なかなか消えません。
というのも、このシミは、皮膚の表面にはないからです。

 

シミはどこから発生してくる?

 

シミができる場所は、
表皮の一番深いところなんです。

メラニン 基底層

 

皮膚の奥にある基底層と呼ばれる層で、手の甲のシミは一旦そこで作られます。

 

作られたシミは、通常、肌のターンオーバーによって、表面へ排出されるんですが、40代を過ぎると、加齢とともに、肌のターンオーバーのサイクルが遅くれたり、乱れたりします。

 

すると、本来、肌の表面に押し上げられてくるはずのシミが基底層にずっと居座ってしまうんですよ。

 

これが、取れない手の甲のシミの正体なんです。

 

だから、シミを取るためには、まずは、原因を取り除いてあげないといけません。

手のシミ対策に必要なクリームの成分とは?

メラニンは、どう生成されるのでしょう。

 

紫外線などを浴びると、基底層とよばれる表皮の深い所にできるメラノサイトが活性化します。
メラノサイトが活性化すると、チロシナーゼと呼ばれる物質が生成されます。

 

この生成されたチロシナーゼは、アミノ酸のチロシンとくっつき、メラニンが生成されるんです。

 

紫外線を受け、メラニンが生成されるまでの流れ

紫外線 ⇒ メラノサイト活性化 ⇒ チロシナーゼ+チロシン ⇒ メラニン生成

 

このメラニン自体は、体を紫外線から守ってくれるので、本来は悪者ではありません。

 

ただ、体を防御してくれる働きが終わったら、体から出ていくべきなのですが、残ってししまったシミは、役目を果たし終わった細胞なのです。

 

ですので、今あるシミを取り除いてあげるためには、一時的に

  • 肌に色素沈着しているメラニン色素を取り除いてあげること。
  • メラニンが作りだしにくい肌環境にしてあげること。=チロシナーゼの抑制

が必要なんです。

 

この働きを持っているのがハイドロキノンと呼ばれる成分です。
ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれメラニン自体の色素を取る働きもあり、手のシミ取りクリームの成分としては欠かせない成分なんです。

ハイドロキノンを上手に使うための手の紫外線対策とは?

手のシミは、紫外線を浴びることによって、メラニンが作られます。
紫外線というと、夏のイメージがありますよね。

 

でもこの紫外線、実は、1年中降り注いでいるんです。

 

紫外線は、UVAとUVBの2種類があり、夏場に日焼けして、肌が赤くなったり、黒く焼けたりするのは、UVBの紫外線です。

紫外線 シミ UVA UVB

 

紫外線対策というと、
このUVBの印象が強いのですが、
シミで気をつけなくちゃいけないのは、
実はUVAの紫外線です。

 

UVBは、波長が短いので上空のオゾン層で遮られ、実際に地上に届くのは、10%程度しかありませんが、UVAは、UVBと違い、波長が長いんです。

 

UVAは波長長いので、オゾン層を突き抜けて、雲も突き抜けて地上へ降り注いできます。

 

そして、UVBと異なり、肌の奥底まで紫外線が到達してしまうのが、UVAなんです。
UVBとは異なり、じわじわと肌にダメージを与えてくるのが特徴です。

 

最近の研究では、手や顔のシミやシワの原因は、このUVAだと分ってきています。

 

しかも、UVAの紫外線の量は、UVBの20倍なので、UVA対策はきっちりしておきたいところです。

 

特に、注意したいのが、外にいる時間です。

 

天気の良い快晴時の紫外線量を100%とすると、曇りは、50%あります。

 

快晴の日に1時間あびている量 = 曇りの日に2時間あびる量

ってことなんです!

 

紫外線対策

 

だから、曇りだからといって、侮っちゃいけないんですね〜。
特に、外出時間が長い場合は、紫外線対策はきっちりしておきたましょうね!

 

言い方を変えると、
メラニンは、体を紫外線から守るために自然につくられるものですが、そもそも、メラニンを作らせる前に、前もって準備しておきましょうっていうことです♪

 

ですので、ハイドロキノンクリームを効果的に使うためには、シミを作らせない対策が欠かせません。

 

これをするだけも、
今ある手のシミを消すことに集中でき、ハイドロキノンクリームの効果を得られやすくなります。

 

ポイントとしては、日中の外出時は、日焼け対策をしましょう。
定番ですが、日傘や手袋、長袖、紫外線を防止する日焼け止めクリームなら、SPF20以上のものを使うようにしましょう。

 

ハイドロキノンは、高濃度の方が良い?

 

ハイドロキノンには、医師により処方された濃度の高いものや低いものなど、いろいろな種類があります。

 

一見、濃度が高い方がシミが取りやすいというイメージがありますが、使用目的によって大きく変わります。

 

例えば、医師からの処方は、濃度2%を超えるものがありますが、こちらは治療用に使われます。ただ、これと同じことを、海外製の高濃度のハイドロキノンを個人の判断で使用した場合、使い方・期間等を間違えると、副作用が発生する可能性があります。

 

特に、濃度の高いものは、副作用として、
・刺激性皮膚炎や赤みやかゆみを伴うリスク
・メラニンの生成を阻害するリスク
が考えられます。

 

ですので、基本的に医師へ相談の上使用した方が安全です。
ちなみに、化粧品については、厚生労働省の規準があるため、その基準を満たしたものであれば、安心して使うことができます。

 

厚生労働省では、化粧品に使用するハイドロキノンの濃度は2%未満を推奨

とされています。

 

これは、トラブルがなく、安全に使用できる範囲として決められているんです。ですので、自分で化粧品を選ぶ場合は、覚えておきましょう。

 

手のシミに効くクリームの選び方

 

手の甲のシミは、表皮の一番深い所にできます。
ですので、出来る限り、肌に浸透するものを選びたいところです。

 

肌に浸透すれば、ハイドロキノン本来の働きが期待できます。
どんなに優れた成分も、届かなければ、意味がありません。

 

つまり、手のシミに効くクリームは、浸透力が一つのポイントになります。

 

浸透力は、化粧品の粒子の大きさで分かる!

 

浸透力は、クリームの成分の粒子の大きさを見ると分かります。

 

例えば、クリームなどの化粧品の粒子の大きさは、
0.1μmの超微粒子 〜 200μm程度まであると言われています。

 

※μ(マイクロ)は、1mmの1000分の1の大きさです。

 

それくらい小さい粒子で出来ているんです。

 

なので、微粒子のクリームを選んだ方が、肌への馴染みが良く、浸透力が高い、効く化粧品だということができます。

 

そこで、このサイトでは、
手のシミに効くクリームの中でも、
肌への浸透力を重視したハイドロキノンクリームをランキング形式でご紹介します。

手のシミに効くクリームランキング!

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン b.glenの特徴

ポイント
・シミや色素沈着の目立たない肌にしたい方
・くすみのない透明感ある明るい肌にしたい方
・紫外線のダメージから回復する潤いのある肌にしたい方
・潤いの続く、ぷるぷるの肌にしたい方。
コメント
全額返金保証付き!です。浸透力NO1!直径0.07μm〜0.15μmという超微粒子。敏感肌、肌が弱い方にも人気のシミ取りクリーム。ビーグレンの粒子の大きさは、針の先に50個程の粒子が納まる程の小ささなんです。だから、手に馴染みやすく、肌への刺激が小さいことから敏感肌の方にも人気のシミ取りクリームなんです。使い方はとっても簡単!
>ビーグレンの詳細はコチラ!

価格 6000円
評価 評価5
備考 浸透力抜群のハイドロキノンクリーム!
ビーグレン b.glenの総評

ハイドロキノンクリームは、高濃度であれば、必ずしもシミに効果があるわけではありません。それよりも、実際に皮膚の基底層に届いてこそ効果が発揮されるのです。特に手のシミは、肌への浸透率+ハイドロキノン成分で実感できる効果が変わってきます。一般のハイドロキノンクリームは、皮膚のバリアによって、はじかれてしまう場合が多く、肌表面に残ってしまうことで、成分の性質が時間とともに変わってしまうんです。ある一定の効果を得るのであれば、やはり、肌に優しく、浸透力の高いものがベストでしょう!手のシミもコレ1本で若返っちゃいますよ♪

アンプルール AMPLEUR

アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキットの特徴

ポイント
・お試ししてみたい方
・シミや肌のトーンを明るくしたい方
・保湿力もアップしたい方
コメント
肌に密着する特殊ゲルを使うことによって、ハイドロキノンが基底層に届く仕組みになっています。ただ、すぐに浸透するというようりも、時間を掛けながら浸透を待つ仕組みです。そのため、ジェル状のものを使用しています。また、刺激のあるハイドロキノンが直接肌に触れないように、カプセル化されているため、肌へは優しいです。
このお試し商品には、ハイドロキノンだけではなく、顔色のトーンを明るくする美白化粧品アクティブフォーミュラも一緒にお試しできるのでお買い得です。
>アンプルールの詳細はコチラ!

価格 1890円
評価 評価4.5
備考 皮膚の専門家が開発した美白化粧品

サエル decencia

サエル トライアルセットの特徴

ポイント
・美白化粧品を使ってシミや色素沈着の目立たない肌にしたい方
・ハイドロキノンの成分が体に合わない方。
・お試しが出来る。
コメント
サエルの美白化粧品は、ハイドロキノンを使用せず、ビタミンC誘導体と、アルブチンを使用したシミけしクリームです。ハイドロキノンは、強力なため、どうしても肌に合わない場合は、このサエルのお試しセットがおすすめです。このお試しは、30日間返品保証が付いているので、お買い得です。
>サエルの詳細はコチラ!

価格 1480円
評価 評価4
備考 10日間トライアルセット

手のシミにはハイドロキノンがおすすすめ!

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、アメリカでは美白成分として使われてきましたが、日本では管理上の問題から医師の処方が必要でした。

 

ただ、2001年の薬事法改正によって、強い成分ではありますが、化粧品にも使えるようになったんです。

 

ハイドロキノンというと、
老人性色素斑、炎症後色素沈着、そばかすなど、既に出来てしまったシミに対して、シミを消す化粧品のイメージがありますが、手のシミを予防する成分でもあるんです。

 

なので、これから5年後、10年後を考えて、お肌のケアはしていきたいところですね!
ここからは、ハイドロキノンが得意とするシミの種類です。

 

日光黒子(老人性色素斑)

老人性色素斑

30代、40代以降に顔や手の甲や腕など、紫外線が当たりやすい部分に褐色系のシミができます。

 

これは、5年〜20年程の長い年数紫外線にさらされていたことによって、メラニン細胞を活性化されたことでメラニンが過剰に作られたものです。

 

紫外線で老化した異常細胞を取り除く方法として、ハイドロキノンがあります。

 

ハイドロキノンは、単体で使うと、強い成分なので、基本的には、シミがある部分にのみ使用しましょう。
(ここでは、厚生労働省で指定された量以内の化粧品のみ紹介しております。)

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

炎症後色素沈着

皮膚が炎症を起こした後に発生する茶色のシミです。

 

炎症後は、活性酸素が発生するため、
チロシナーゼが発生し、チロシンをメラニンに変化させます。

 

このメラニン色素が残った状態が、炎症後色素沈着です。
日本人は、黄色人種でメラニン色素が多いため、
全身どこにでも発生する可能性のある色素沈着です。

 

特に、ニキビ治療後、ニキビが炎症した状態で色素沈着が残る赤いシミ、ニキビ跡の茶色のシミ、日焼け、アトピー性皮膚炎、ムダ毛処理・脱毛後の毛嚢炎(もうのうえん)、虫刺され、湿疹など

 

そばかす

そばかす

そばかすは、遺伝によるものが多く、思春期になると目立つ場合があります。

 

両頬、手の甲、腕などに現れ、特に白人の方に多い傾向があります。

 

シミと同じく、なるべく紫外線から肌を守ることで、そばかすを濃くしないことが大切です。

 

そばかすを消す方法としては、
ハイドロキノンクリームや、ビタミンCを摂取することで薄くすることができます。
薄くなるだけで、全く印象が変わるので、やってみて損はありませんよ。

 

ハイドロキノンのデメリットとは?

シミ消し効果として、人気のあるハイドロキノンですが、デメリットもあります。
それは、化粧品以外の濃度の高いハイドロキノンは刺激を感じる場合があるという点です。

 

薬事法改正前までは、基本は医師の元でしか使えなかった成分ですので、濃度には気をつけましょう。

 

特に、海外製の高濃度のハイドロキノンは、長期間での使用は避けましょう。
通常は、2、3ヶ月で一旦使用を中止するのが一般的です。

 

ちなみに、厚生労働省で指定された濃度の化粧品は、肌への刺激も十分考慮された濃度ですので、安心できますが、気になる場合は、お試しなどで使ってみてからでも遅くはありません。

 

ハイドロキノンは、ヒドロキノン(hydroquinone)とも呼ばれる。
キノンを亜硫酸で還元して得られる無色の結晶。還元性が強く、写真現像剤や分析試薬などに用いられる。化学式C6H4(OH)2 

手のシミに効くおすすめのハイドロキノンクリームは?

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9写真

ハイドロキノンクリームは、成分の特性上、刺激が強いという問題があります。

 

そのため、厚生労働省で指定されている2%未満のクリームがおすすめです。

 

ただ、化粧品の場合、粒子の大きさがさまざまのため、浸透力に差があります。

 

肌に浸透しなければ、本来の手のシミを消す働きが弱くなるため、しっかりと肌に浸透するものを選びたいところです。

 

そこでおすすめなのが、
ビーグレン(b.glen)のQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9写真

このクリームは、化粧品の粒子の中でも際立って小さい0.07μミリというサイズで、肌に良く浸透してくれます。

 

しかも、肌に優しい成分として、
新陳代謝を活発化させるクエン酸などが豊富に含まれているハイビスカス花発酵液や、肌荒れ防止、抗老化化粧品に良く含まれているゲンチアナ根エキスが入ったクリームなんです。

 

全額返金保証も付いているので、お試ししたい方はコチラがおすすめです!
http://www.bglen.net/
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
おすすめのbglen公式サイトはコチラ!